第二章『王国の激突』